tn198403s 高校時代blog

「人生に無意味な時間は無い。ただ、その時間の意味を感じることなく生きているだけである。」この言葉を確かめてみようと、徒然なるまま、私の高校時代(1984.03卒業)の意味を振り返り綴るブログです。

tn17.理想の老後?いいえ、理想の余生です。

今週のお題「理想の老後」。老後が、老けた後という意味なら、残るは朽ち果てるだけって感じになるので、呼び方を何とかできないかと素直に思います。そこで、この記事では「老後」の代わりに「余生」という言葉を充てます。「残しておいた人生」や、より積極的に「とっておきの人生」という意味。ほら、少し言葉を変えるだけで光が差すような、一歩理想に近づいた未来になってきませんか?そこから始めましょう。

 

f:id:tn198403s:20190915212343p:plain

100年 カレンダー

高校時代に100年カレンダーを購入して、長らく部屋に貼ってありました。太平洋戦争の間は、薄赤の地になっていました。二度と薄赤の地になることが無いよう祈りを込めて発行したという話だったと思います。そのことが新聞に紹介され、自分のお小遣いで買ったのです。さすがにかなり色褪せ、ずいぶん前にはがされました。そのため、何年まで書かれていたかの正確性には欠けますが、恐らく2030年まではあったのように思います。事故でもなければ私が生きている内、それも仕事を辞めた後、カレンダーが先に終わるだろうとぼんやり考えていた気がします。

 

カレンダーを購入した当時は、米ソ対立が激しく、核兵器開発競争の真っ最中。いつ現在が薄赤の地になるかもと思っていました。その次の気がかりは1999年の地球滅亡の日。これは、かなり疑わしいと思っていました。そして2001年には、『2001年宇宙の旅』のような宇宙旅行ができるかもと期待がありました。折しもスペースシャトル計画進行中で、宇宙旅行の可能性も話題になっていましたから。

 

でも結局、あの頃想像したことは未来になることなく、今があります。

高校時代に夢見た余生は、宇宙旅行でした。当時考えていた順調な宇宙開発からは大きく外れましたが、まだ可能性がゼロではない以上、今も宇宙旅行の夢はあります。現実的かと問われれば「う~~ん」と考え込むしかありません。でも、80年代前半に今のパソコンやスマホの普及をほとんどの人が想像できなかったように、何らかの爆発的な技術革新が起きることに期待したいです。

 

宇宙旅行と言っても、月まで行くとかではありません。安全に大気圏から出るまで、ずっと地球を眺め続けていたい。それも、窓に向かって人差し指を立て、腕を伸ばしながら。そう、水平線を確かめたいのです。飛行機からでは不確かだった、水平線が目の高さより下に見えると感じるのはどの高さからなのかーー。

少年時代に不思議に思い、成人後になって確信を得たことを、余生で実証したいのです。もっとも、大気圏から脱出する前、6Gとも言われる圧力に気絶するかも知れません。でも、それはそれで、水平線が目の高さより下に見えるのはどこからなのかを確かめたい夢は持続できそうです。

 

 

でも結局、今想像したことは未来になることなく、余生を送るかも知れません。そればかりか、余生を迎えることもできず、困窮した暮らしをしているかも知れません。

それを踏まえても、理想の余生を一言でいうなら、やはり追いかける夢が持てること。どれほどの夢が実現できたとしても、その後、追いかける夢が無いというのでは、がっかりです。もし、宇宙旅行が実現できないと確定したなら他の夢を探すでしょうし、実現して水平線の高さを実証できても、次の夢を見ていたいです。「とっておきの人生」である余生において、求める夢(幸せ)がないなんて、想像もしたくありません。

 

現実的な話をするなら、理想の余生は仕事に縛られず、もし、仕事をしているとしても、人生を謳歌する手段の一つに留めるといった感じでありたいです。それさえ現実的とは言えない今現在かも知れませんが、夢を無くした余生ならば、本当に残るは朽ち果てるだけって感じになってしまいそうです。

 

高校時代にクラスメイトから「ロマンチストじゃ飯は食えない」と言われましたが、今でも「飯が食えてもロマンがないなんて、何のために生きるんだろう」と思ってしまいます。私がずっとロマンチストでいることも、理想の余生に欠かせない一つです。ただ、やはり戦争のない余生にしたいという思いは、高校時代からずっと続いています。

 

授業13.7本の直線だけで絵を描く

 高校の美術で、7本の直線をつかって絵を描くという内容の課題がありました。メッセージがある、何を描こうとしたのかがわかる絵という条件があったような気がします。他にもルールがあったと思いますがはっきりしません。色は付けられませんが、鉛筆でトーンを描き込むのはOKでした。

実家に帰省した折、高校時代のスケッチブックを見つけ、それを元に描いているので、かなり忠実に作品を再現しました。

 

あれこれ考えて、最初に描いたのがこんな感じ。

 f:id:tn198403s:20190913213058p:plain

しかし、「アイデアはわかるけど、これじゃ、線じゃなくて面になりますね。」と言われ、ボツ。

 

ならばとその次に作ったのが、こんな感じ。

f:id:tn198403s:20190913213141p:plain

1本の線が壁に当たって2本に、更にそれが壁に当たって4本にというストーリー。線の太さを変えるのではなく、線の本数を変えたところ、これはOKでした。

 

一番のお気に入りがこれ。

f:id:tn198403s:20190913213822p:plain

迷宮の一部分を描きました。ただ、これは自力で考えたというより、ヒントがあったように思います。授業を受けていた他の人の作品を先生が紹介してくれたのです。

 

こんな感じの作品でした。

f:id:tn198403s:20190312003303p:plain

 これは凸だったので、凹の形にしてみようと考えたのです。

 

授業の終わりだったか、「直線で曲線を描くこともできるのですよ。」と説明してくれたのが、こんな感じ。直線を7本描き、その上に円を描いて、はみ出た部分だけ残すという描き方でした。

 f:id:tn198403s:20190312004253p:plain

 なるほどなぁ、と思いつつ、でも、直線が7本だとちょっと無理があるように感じたのを覚えています。ちなみに倍の14本だとこんな感じ。

f:id:tn198403s:20190312005002p:plain

 それはともかく、限られた条件の中でも柔軟に思考してみる楽しさみたいなものは感じました。ちょっとパズル的だったせいもあり、印象に残る授業の一つになっています。

 

なお、数字の7を象ったこの作品は、高校の授業で書いた作品ではありません。何かの暇つぶしの際に思いつきました。

f:id:tn198403s:20190913220254p:plain

こういうのも、ちょっとした頭の体操に良いかもしれません。

 

 

遊び14.図形で遊んで頭の回転を上達させよう(1)初級編

(問題1) 図1にある同じ形の4片を使って正方形を作ってください。

f:id:tn198403s:20190912203805p:plain

図1 同じ形の4片、ア~エ

 高校時代、図形パズルに夢中になったことがあります。そのきっかけとなったのがこのパズルです。直角が2カ所ある合同な四角形が4片。これを重ねずに並べて正方形を作る問題。実際に図形をプリントアウトして、4片を切り取り、くるくる回しながら遊ぶのが一番いいのですが、スマホやパソコンの画面上でそれができるようにする術を私は知りません。ですから、頭の回転をよくするために、脳内で考えてみてください。図形を頭の中で回転させるのは、結構難しいですので、今流行りの脳トレにもなると思います。

※ 画像をWindowsパソコンのペイントソフトなどにコピペして、上手く選択範囲を指定してそれぞれのピースを回転させた後、並び方を変えることで正方形を作成することもできます。スマホにもそれに準じたアプリがあるかもしれません。また、メモ用紙に簡単な図形を描いていくのでも、わかりやすくなると思います。

 

<ヒント1>

図1は、4片をそれぞれ、そのままと、90度、180度、270度右に回転(ここでは、すべて時計回りにした場合のヒントを述べています)してやれば、その後は上下左右に移動さでるだけで完成します。

どうですか?脳内で正方形になりそうに見えてきたでしょうか。まだ、全体はぐちゃっとした形になっているかも知れませんね。でも、うまくいけば4枚羽の扇風機に似たイメージになります。

ヒント1を終えた図(図2)はこちら

 

<ヒント2> 

(ヒント2がわかりにくい方は、先に下のヒント3へ進むのがオススメ)

ヒント1で、0度回転させた物、90度回転させた物、180度回転させた物、270度回転させた物がイメージできたら、次は位置的な並びを変えてやります。

270度回転の物が左上。0度回転の物が、右上。

180度回転の物が左下。90度回転の物が右下。

どうでしょうか?脳内で、正方形の4隅と、中心に近い4つの角が直角になったイメージができば成功です。

ヒント2を終えた図(図3)はこちら

 

<ヒント3>

ヒント2を終えた状態なら、4片を真ん中に寄せていくだけになります。

でも、ここまで脳内で進めている人であれば、すでに回転させた図形がどれがどれだかわかりにくく大変だと思います。そこで、それぞれを別の角度で回転させた図形を載せたヒントも用意しました。この状態から考えると少し楽です。

ヒント3としてはいますが、実質(問題1)を少し易しくした問題という感じです。

ヒント3の図(図4)はこちら

・ 答えのページに行く。

 

ヒントのページを見ることなく、また類似の問題に挑戦したこともなく、答えがわかったという方は、かなり頭の回転が速いかも知れません。高校時代、私は紙に作図してそれを切り取り、並べました。

 

 

上で「4片を切り取り、くるくる回しながら遊ぶのが一番いい」と書きましたが、その理由は、偶然であれ、必然であれ、はたまた奇跡であれ、頭では思いつけなかったことを発見できるからです。もちろん、パソコンの発達した現在であれば、パソコンならではの気づきや発見、良さもあります。

 

例えは将棋のソフトを使えば、いつでもパソコン相手に指すこともできるし、ネットを介せばいろんな人との対戦が可能な上、データも豊富で対戦記録や、再現、集計、回析、定跡の学習もできます。でも、駒で起きる音、駒が傾いた状態など、実際に駒と盤を使ってわかることです。実際の対戦では、駒が本来とずれた場所に置かれていないか等も、経験が無いと確認が怠ります。

 

図形パズルでは、パソコンでなければできないものあるでしょう。でも、実際のピースでなければ気づけないことも多いです。今年のGW前に規制した折、当時使っていた厚紙製のこのパズルを見つけて、いろんな記憶が蘇りました。角が少し丸くなっていたこと、真っ白なケント紙で作ったのに、いつの間にか淡い茶褐色に変色していたこと。1ピースの角と角を、親指と人差し指に合わせて持ち、息を吹きかけくるくる回して遊んでいたことも思い出しました。そこに見た残像が、立体に見えたことも記憶によみがえりました。

 

本来のパズルの遊び方ではないことも含めて、このパズルを厚紙などに印刷して切り取り遊ぶことは、単に「答えを見つける」遊びだけでなく「どこにどんな線を入れて切ったらいいか」などの学習になります。是非、画面上ではなく、紙や板で作ったパズルを作ってみて欲しいです。

正方形の折り紙を使うのも簡単です。各頂点から同じ長さだけ離れた場所に印をつけ、向かい合った印同士を直線で結び(丁寧に折るのでもOK)、はさみで切れば完成です。ただ、折り紙では強度が低いので、切る前に厚紙などに貼りつけてから切れば長持ちします。

f:id:tn198403s:20190913145356p:plain

折り紙を使っての作り方

数学の学習に、正方形上の動点を考える問題等がありますが、何回か作図することで視覚的に慣れる効果もあると思います。

 

 

 

ここはまだ、初級編。

いつになるかはわかりませんが、初級編の続編も作ってみたいです。

 

 

(問題2)

図1の4片の図形を使って正方形を一度に2つ作ってみてください。

できるでしょうか。

 

ヒント、同じ大きさの正方形二つではありません。

それでは、次の機会に。

  

 

 

<お詫び>

この記事は、書き始めた当初に「下書き」を間違え「公開」にしてしまいました。しばらく後で気づき、「下書き」に戻したものの、既に読んだ人(といっても2、3行の文だったはず)から☆スターをいただきました。嬉しいやら、恥ずかしいやら、申し訳ないやらでしたが、その分急いで、製作・公開しています。

誤字などもあるかも知れませんが、お許しください。

 

 

音楽11.『ウエディング・ベル』(Sugar)の本心は?

「くたばっちまえ!アーメン」が受けて大ヒットしたシュガー(sugar)の『ウエディング・ベル』。ただ、その箇所だけがやたらと注目されてしまった感がするのは残念です。

「クイズ・ダービー」という番組でも歌詞がクイズとして取り上げられました。「一言言ってもいいかな (  ) アーメン」の(  )の部分を問う問題に、故篠沢教授が「くたばれ」と回答したところ、正解として扱われたこともあります。

そんなことも注目度アップ、ヒットに影響したのかもしれませんが、歌詞全体をみれば、果たしてそれほど嫉妬に燃えた本心だったのか?という疑問が私にはあります。

 

そもそも、新郎から元彼女に結婚式の招待状が送られているという点だけで、ありがちな愛憎劇とは違っています。何故、元彼女に招待状を送ったのかについて、歌詞では触れられていませんが、いろいろあるにせよ、祝福してくれる、祝福して欲しいという気持ちが、新郎にあったのでしょう。

 

元彼女も、歌詞の中に祝福したい気持ちが見え隠れして揺れています。一方で、自分ではなく新婦を選んだことへのやっかみもあります。その辺の揺れ具合の見える歌詞がとても絶妙で、憎めない元彼女という印象です。

 

ここで「くたばっちまえ! アーメン」が、どこに掛かっているのか個別に見てみます。

<一番の歌詞>

なぜなの教会のいちばん後ろの席に ひとりぼっちで座らせておいて

二人の幸せ見せるなんて ひと言 いってもいいかな

くたばっちまえ アーメン

ここでは、いちばん後ろや、ひとりぼっちに掛かっている気もします。つまり、元彼女が、いちばん後ろの席でも、ひとりぼっちでもなかったなら、許せていたと受け止めることは可能だと思うのです。

 

<二番の歌詞>

お化粧する娘はきらいだなんて あのやさしい瞳はなんだったの

もいちど言ってもいいかな くたばっちまえ アーメン

ここでは、お化粧する娘はきらいという台詞、または、あのやさしい瞳に対して言ってる気もします。つまり、今、目の前にいる新郎ではなく、過去の元彼への悪態ともとれます。

 

<三番の歌詞>

そうよもうすぐあなたは私を見つけ

無邪気にほほえんでみせるでしょう

そしたらこんなふうに言うのよ お久しぶりね

おめでとう とても素敵な人ね

どうもありがとう招待状を

私のお祝いの言葉よ くたばっちまえ アーメン

果たして、新郎は無邪気にほほえんで見せたのでしょうか?ここが一番の疑問です。無邪気にほほえまなかったなら、悪態はつかないであげるわ、とも受け取れるのです。

また、新郎は、元彼女へ無邪気に招待状を送ったのでしょうか。どうにも引っかかります。

 

一番、二番の歌詞は、おそらく元彼女の心の中での悪態でしょう。離れた場所にいる新郎に向かっての悪態だとしても、口には出していないはず。

三番の歌詞は、新郎が無邪気にほほえんだら言うぞ、という決心とも受け取れますが、少なくともまだ口に出していません。これこそが、とても絶妙だと思う理由です。

 

そして恐らく、新郎は無邪気には、微笑まないだろうと思うのです。申し訳なかったとか、ごめんねとかの表情でもないと思います。綺麗ごとのように思われるかもしれませんが、新郎はきっと感謝の表情をするんじゃないかなと思います。

f:id:tn198403s:20190911035058p:plain

歌詞には、元彼女の心情が( )部分で示されています。

<三番>

祝福の拍手の輪につつまれて(私はしないの

どんどんあなたが近づいてくるわ(私はここよ

お嫁さんの瞳に喜びの涙(きれいな涙

悲しい涙にならなきゃいいけど(そうねならなきゃいいけど

やっかみはあるものの、新郎への好意もあるし、新婦への感動も伝わってきます。(そうねならなきゃいいけど)の部分は、見解が分かれるかもしれませんが、少なくとも(そうなってしまえばいいのに)ではありません。

 

『ウエディング・ベル』のヒットを受け、女の本心は怖いなんていう意見もあったように記憶していますが、口に出したかどうかも不明な「くたばっちまえ!アーメン」についての表層的な感想より、「くたばっちまえ!アーメン」を心の中でぐっとこらえていたともとれる深層の部分の方がずっと気になっていました。

 

そう思ったのには、伏線があります。元恋人同士が再会する歌『吸殻のある風景』(さだまさし)です。この歌もFM放送で、さだまさし特集があった際に録音して何度も聞いていたように思います。歌の内容は、元彼女からの結婚報告を受け、仕方なかったことなの、落ち込まずに貴方は貴方の人生を生きてね、という応援歌風。お決まりの愛憎劇とは違う形を教えてくれたように思います。

 

なんにせよ、『ウエディング・ベル』が元恋人への嫉妬の歌ではないという確信めいた感じが私にはずっとありました。ドロドロした愛憎劇を期待したがる人がいるのは承知していますが、恋愛の形は恋人の組み合わせの数だけあると思うのです。元恋人から結婚披露宴の招待状をもらった人は、少数派でしょうが、一定数いるのではないでしょうか。

 

 

ところで、私にはコーラスについて語れる知識がないのですが、シュガーのコーラスは、素直に美しく感じられ、また建前と本心の区別や重なりも効果的だったと思います。逆に言えばその効果が大きかったからこそ「くたばっちまえ アーメン」が注目を浴び過ぎたのでしょう。その辺り少し『転校生』の小林聡美と共通点を感じました。

 

 

結果的に、『ウエディング・ベル』のレコードは約70万枚売れたそうです。なんだ、ミリオンヒットじゃないんだと思う方もいるかもしれませんが、参考までに松田聖子の『赤いスイトピー』の売り上げが約50万枚とのこと。

セーラー服と機関銃』が86.5万枚。

それを踏まえても、十分に当時のヒット曲として言っていいと思いますし、「くたばっちまえ!アーメン」部分以外の秀逸な歌詞も、もっと評価されていいと思うのです。

自転車から振り返ってみた夏らしい夏

今週のお題「夏を振り返る」。

一番の原因は、自転車で乗り回すことがなくなったからなのかも知れません。或いは、どこに行っても効いている冷房に慣れてしまったことや、暑過ぎて外出をためらうのが増えたことも影響しているのかも知れません。

 

高校の頃、いや、私が10代から20代前半までに感じていた、夏らしい夏をもう何十年と感じられないままになっている気がするのです。

 

入道雲雄大積乱雲とはよく言ったもので、遠くの空に入道雲がぽつぽつ見えていたのが、頭上に近づくにつれてこんなに大きかったのかと驚くほどになります。しかもその先端はまるで機関車を思わせるほどの蒸気でむくむく広がっていき、留まることを知りません。圧倒される感じになります。

f:id:tn198403s:20190908154208p:plain

そろそろ夕立が来そうだなと思いつつ自転車を走らせているうち、真夏の日差しは雲に隠され、後ろを振り向けば、道の遠く向こうは白っぽいカーテンがかかったような景色になっています。あの辺はもう雨。それがだんだんと近づいてくるのがわかります。強い雨だと、雨より先に雨の音が届くこともあります。来るぞ来るぞと雨音を背後に聞きながら必死に自転車で逃げるも、難なく追いつかれ、日に焼けた腕や頭、服、自転車、何もかもが、大きな雨粒によってばたばたばたと音を立てて叩きつけられ、一瞬でびしょ濡れです。

 

あまりに見事な濡らされ方に、あきれて笑ってしまうほど。強烈な夕立はそんな感じです。街中であれば、どこかの軒先やゲームセンター、自転車置き場等に退避できますが、それはそれで、夏らしくない行動をしてるようで残念感があるのです。川の土手上の道や田んぼだらけの中を抜けるバイパスを走っているときには、雨をよける場所もなく、濡れるしかありません。でも、どこか楽しんでたように思います。今思えば、雨に濡れることにずいぶん平気だったのでしょう。

 

しばらくすればぴたりと雨は止み、変わってまた夏の日差しが体に当たります。夏の薄着なので、それで結構乾くのです。しかも自転車を進めていると、風に当たりっぱなし状態で、体の前側の方から乾いてきます。背中の方まで乾くと、もう寒さもなくなります。なかなか乾かず困るのが、股間。サドルに座っていると、乾きはかなり遅いので、立ちこぎです。やがて、乾かずともサドルに座って冷たく感じないようになってきます。それで、ひとまずOKにしてました。最後、靴の中がぐちょぐちょのままですが、これはもうあきらめてました。

濡れそぼった体がどんどん乾いていくのも、夏らしさの一つでしたね。

 

そんな入道雲の度の過ぎた仕打ちに遭遇する経験をもうずっとしていない気がします。その原因は、自転車に乗らず車を運転するからであり、快適にいられる室内に居られるから、暑すぎる中敢えて外に出たいと思わなくなったから、なのでしょう。多分。

でも、映画『天気の子』にあったように、容赦なく降り続ける雨、雨上がりなのにまだ曇ってる空、まる一日晴れ間のない日、そんな天気が増えたようにも思います。どっと雨が降り、ぱっと止み、さっと日が差す、そんな夕立に最近出会えてない気がするのは、私の思い過ごしでしょうか。

 

そう言えば、夏の匂いもしばらく嗅いでないです。

真夏の太陽に照らされて、息苦しくなった地面が、突然の短い夕立に息を止められ、雨雲が去り再び太陽に照らされた瞬間、ぶわっと息を吹き返したかのように、立ち上るアスファルトやセメント、土や草の匂い。

 

雨上がりには、一気に老けたような入道雲。黙々と膨れ上がっていたのとは違って、空に馴染んだような輪郭が夕刻の迫る陽に赤みを帯びている風景。BGMにどこからかヒグラシの泣き声。それらをまだ乾ききっていない服をまとって眺め聞くーー。

 

10代から20代前半まで当たり前だと思っていた、そんな夏らしい夏を振り返ることすらしてなかったなあ。そう思いました。