tn198403s 高校時代blog

「人生に無意味な時間は無い。ただ、その時間の意味を感じることなく生きているだけである。」この言葉を確かめてみようと、徒然なるまま、私の高校時代(1984.03卒業)の意味を振り返り綴るブログです。

近況1.更新が滞っていることについて

仕上げられないまま、下書きの記事がどんどん増えています。
ブログに飽きたとか、書くネタが尽きたとかそんな話ではありません。
更新の無いことを気にしてくれている方がいましたら、安心してください。

 

実は、8月下旬から連れ合いのお父さん(以下、ツレ父さん)の介護に助っ人として、ほぼ毎日入っています。自宅での介護なので、食事作りや、お気に入りのビデオ再生、酸素吸入の管の点検、体位変換、時折に話し相手になる等しています。介護に行き始めた頃であれば、私の下手な料理もおいしいと食べてくれていたのですが、段々と食が細り、最近はゼリー状の食事を摂るのも難しくなってきています。

 

私がツレ父さんの日常の食事を作ることも、食べてもらうことも、数年前には、考えられないことでした。

人と人とがどんな糸で繋がっているのかわからないものです。

でも、誰も気づかなかったとしても、きっと何かの縁があってのことと思い、前向きに考えています。

f:id:tn198403s:20200908110525p:plain

カイコの後方に濁音

介護に入り始めた頃は、比較的時間もあって、未完ながら記事の作成もしていたのですが、なかなかまとまった時間がとれなくなり、記事を下書き保存してそのままになったり、書きかけをうっかり閉じてしまったりが続いています。

 

私の場合、記事を書く際に、記憶に間違いがないか、当時との変化がないか等、下調べをしたくなるので、けっこう時間が必要になることも多いのですが、しばらくは、その手法は難しそうです。

 

そんなわけで、散文調に進めてみることにしました。新しく「近況」カテゴリーも作成しました。「徒然なるままに」カテゴリーとの違いが曖昧になりそうですが、とりあえず更新を滞らせないことを目標に進んでみようと思っています。

 

スマホからの投稿もやってみようかなと思ったり。
スマホでもイラストを描いてみようかと思ったり。
これまでの記事と趣きががらりと変わるかも知れませんが、今後もよろしくお願いします。