tn198403s 高校時代blog

「人生に無意味な時間は無い。ただ、その時間の意味を感じることなく生きているだけである。」この言葉を確かめてみようと、徒然なるまま、私の高校時代(1984.03卒業)の意味を振り返り綴るブログです。

映画19.『ポルターガイスト』は製作者作品か?

ポルターガイスト』は1982年7月26日に映画館で観た作品です。

 

映画のチラシには

ジョーズ』『未知との遭遇』『レイダース』のスピルバーグが放つサイエンス・ホラーの最新作!

と謳われています。

f:id:tn198403s:20200722234735p:plain

ポルターガイスト』チラシのイラスト

また、

製作・原作・脚本 スティーブン・スピルバーグ

 と紹介する文字は、「監督トビー・フーパー」よりも一回り大きいです。

 

スピルバーグ感が満載

監督はともかく、作品に大きくスピルバーグが関わっていることを強調していました。実際のところ、スピルバーグ感が満載の映画です。

思わぬところから事件(ポルターガイスト現象)に巻き込まれ、家族が危機に遭い、親が子どもを助けようと困難に立ち向かうのは、『ジュラシック・パーク』等でもお馴染みのストーリー展開。

また、事件の根底に言い伝えがある点、最新科学が登場するものの失敗する点、特撮(SFX)技術を駆使する点等も、お馴染みです。

 

話によると、当時『E.T.』を監督として撮影していたスピルバーグは、同時に別の作品で監督をすることは契約違反になるため、できなかったそうです。そこで、『悪魔のいけにえ』を観てフーパー監督のその実力を認め、『ポルターガイスト』の監督を依頼したのだとか。噂では、スピルバーグフーパー監督にかなりの指示を出していたとも聞きますが、表立った争いはなさそうです。お互いに納得して世に出した作品だと私は思っています。

 

作品の影響

そうしたことを差し引いても、この映画の影響は大きかったと言えるでしょう。

ポルターガイスト」という言葉が一気に注目を浴び、周知されました。今でも、騒々しい心霊現象として、テレビなどで使われています。

映像的にも印象に残るシーンがあります。放送終了後のテレビの砂嵐画面に見入り両手を伸ばす少女。ホラー映画の象徴になったとも言えそうです。日本の有名なホラー映画『リング』シリーズではテレビ画面から人が出てきますが、このシーンで『ポルターガイスト』を連想した人は私を含めて多いようです。

 

ポルターガイスト』と『E.T.』の公開日

日本では、『ポルターガイスト』の公開が1982年7月17日。『E.T.』の公開が1982年12月4日で、二つの作品は夏と冬の目玉作品という感じでした。

しかし、アメリカでは、『ポルターガイスト』の公開が1982年6月4日。そして、『E.T.』の公開が1982年6月11日で、一週間の違いしかありません。その日程で二つの作品の監督をするには、かなり無理があっただろうと思います。というか、普通であれば無理でしょう。

このことに気づいたのは、何年も後のことです。もし、日本でアメリカと同じ日程で公開されていたら、『ポルターガイスト』と『E.T.』とは、観客の奪い合いになったか、相乗効果をもたらせたかは不明です。でも、どうしてスピルバーグが『ポルターガイスト』の監督をしなかったかは納得できたろうとは思います。

 

今でこそ、日米同時公開や全世界同時公開も珍しくありませんが、当時は、日本とアメリカで公開日が違うのは普通にあったことです。もっとも、1961年に日本の「モスラ」がSF映画としては史上初の全世界同時公開をはたしているとのこと。できないわけではなかったけれど、何某かの理由でしなかったのでしょうね。

(参考サイト 日米同時公開の映画を楽しむ )

 

何にせよ、あらためて、スピルバーグのエネルギーには驚かされます。

 

---------------------------------------

<余談 ホラー映画の呪い?>

ホラー映画には、映画の呪いとも言われる現象が話題になることがあります。『ポルターガイスト』もその手の話題に事欠きませんが、私自身が、その手の話題はあまり好きではないのでここでは省いています。(恐いと言うより、人の不幸で話題を集めるみたいな手法に思えて好きになれません。)